施設長ブログ

輝く2021年

2021/02/08

いちふじ・にたか・さんなすび

 

 

 新年明けましておめでとうございます。皆様におかれましては、希望に満ちた新年をお迎えのこととお慶び申し上げます。

 さて、昨年はコロナから始まりコロナの収束を見ず、新型コロナウイルス感染症の拡大に歯止めがかからず、大きな影響を及ぼしております。

 このコロナ禍において新型コロナと対峙し、長寿荘では老人福祉施設としての使命と役割を果たしながら、前を向いて笑顔を絶やさず、全職員一体となって取り組んでいます。

 年頭に当たりましては、初夢などで縁起がいいと言われる【「一富士(いちふじ)・二鷹(にたか)・三茄子(さんなすび)】に例え、ご利用者に対して、質の高い介護の充実を図り、安全・安心して生活できる施設づくりに努めてまいります。

 【いちふじ】のように、高くそびえた末広がりを持ち、心を込めた高品質な介護を届け、【にたか】では、心豊かに生きられる気づかいを持って、高付加価値を生み出す質の高い介護サービス、そして、【さんなすび】では、ご利用者に寄り添い・共に笑い・共に喜び・共に生き、事を成す自立支援に結び付く、介護・看護の一体的なサービス提供に努めます。

 結びに、ご利用者の皆様に対しては、心身ともに豊かな生活づくりのため、いたわり合い、人としての温かみのある長寿荘創りに全職員、心を一つにして取り組んで参ります。

 本年も変わらぬ、ご支援・ご協力を賜りますようお願い申し上げ、新年のご挨拶に替えさせていただきます。